卒後臨床研修コース

卒後教育研修コースの趣旨

 卒業したばかりの時期は、多くの学生が様々な悩みや不安を抱えています。国家資格は取得したけど、臨床を行っていくにはまだ不安を持っている方、知識や技術をさらに習得してレベルアップしたい方、他にも施術技能だけでなく患者対応など人間性も養っていきたいと考えている方など・・・そうした本校卒業生を対象とした、卒後の研修制度を行っています。
 この制度は3年間の学習で習得した基本的臨床能力(態度・知識・技能)をさらにレベルアップさせ、臨床現場で独り立ち出来るまでの能力を身につけることを目的としています。

講師陣

 講師陣には、本校鍼灸マッサージ科、鍼灸科の教員の他、附属臨床センターで日頃より外来患者の臨床にあたっているスタッフが担当します。
 講師にあたる臨床センタースタッフは全員が東海医療学園の卒業生です。先輩が後輩を育成する、というのも特色の一つと言っていいでしょう。

主な研修内容と目標

【目的】
 1.鍼・灸・あん摩マッサージ指圧施術の基礎的手技や技術の習得
 2.「運動器疾患」、「鍼灸臨床で遭遇しやすい疾患」の理解と鑑別の習得
 3.鍼灸あん摩マッサージ師圧での臨床を一連の流れで行える能力の習得

【臨床専攻コースの目標】
 ・鍼、灸、あん摩マッサージ指圧治療を行う際に必要な基礎的知識・技術が段階的に習得できる。 
 ・臨床での治療を、一連の流れで実施することが出来るようになる。
 ・学生施術を通し、実際の臨床に近い形で学習を進めることが出来る。
 ・臨床センタースタッフの治療を見学することが出来る。
 ・鍼灸保険適応の六大疾患(神経痛、リウマチ、腰痛症、五十肩、頸肩腕症候群、頚椎捻挫後遺症、慢
 性疼痛疾患)に関する、鑑別と治療法を学習できる。
 ・鍼灸臨床で遭遇しうる疾患(顔面神経麻痺、変形性関節症、膠原病、透析患者、脳血管障害)に対す 
 る鍼灸治療を学習することができる。
 ・鍼灸師に必要な、補助的療法(運動療法、介護予防運動、テーピングなど)について学習できる。