目標とする資格

アスレティックトレーナー(AT)コースでの目標資格

日本体育協会公認 アスレティックトレーナー(AT)

 (公財)日本体育協会が認定するメディカル・コンディショニング資格で、スポーツドクター及びコーチとの緊密な協力のもとに、競技者の健康管理、傷害予防、スポーツ外傷・障害の救急処置、アスレティックリハビリテーション及びトレーニング、コンディショニング等にあたります。
 アスレティックトレーナーはプロ・アマチュアを問わず、スポーツトレーナーを目指す人には、選手とのコミュニケーション力や信頼、更には監督・コーチ、スポーツドクター、教員などからも信頼を得るために必須の資格といって良いでしょう。

 ◎日本代表チームや国民体育大会に帯同するトレーナーは、公認ATが基準となっています。

 ◎鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師としてスポーツに関わる場合、よりハイレベルなサポートが
  可能です。また、高齢者の介護予防や運動指導など活動の場も広がります。

日本体育協会公認 スポーツリーダー

(公財)日本体育協会が認定している資格で、地域におけるスポーツグループやサークルなどのリーダーとして、基礎的なスポーツ指導や運営にあたっていくための資格です。取得後は、競技別指導者資格やフィットネス資格へステップアップすることも可能です。

JATI認定スポーツ指導者

JATI(日本トレーニング指導者協会)が認定するもので、一般人からトップアスリートまで、あらゆる対象や目的に応じて、科学的根拠に基づく適切な運動プログラムの作成と指導ができる専門家であることを証明する資格です。