Q&A よくある質問

あん摩マッサージ指圧師、鍼灸の仕事について

Q.よく街でみかける整体やカイロプラクティックと鍼灸、あん摩マッサージ指圧は違うのですか?
A.整体、カイロ、リフレクソロジーなどと、鍼灸やあん摩マッサージ指圧とは大きな違いがあります。

      鍼灸、あん摩マッサージ指圧     整体、カイロ、リフレクソロジー等
 養成学校  国や県から認可を受けた学校  国や県から認可された学校はない
 修業期間  3年以上養成学校での修業が必要  修業期間は学校によってまちまち
 資  格  国家資格  国家資格ではない

 鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師は法に基づいた教育を受け、知識・技術を学び国家資格を取得しなければなりません。従って、十分な医療知識を持った上で治療を行うので、患者からの信頼度も厚くなります。


Q.柔道整復師とあん摩マッサージ指圧師の仕事の違いを教えて下さい
A.「柔道整復師」とは、運動器(骨・関節・筋・腱・靭帯など)に加わる急性、亜急性の原因によって発生する各種損傷(骨折、脱臼、捻挫、挫傷、打撲など)に対する治療技術のことで、損傷に対して評価、整復、固定、後療(手技、運動、物理療法)、指導管理を行い、人間の持つ自然治癒力を活かした治療手技をいいます(全国柔道整復学校協会HPより)


骨折や脱臼などの「後療」の範囲において手技を行う事は業務範囲内ですが、スポーツによる疲労回復や、肩こり・腰痛などのにおけるマッサージや指圧は柔道整復師の業務には含まれていません。あん摩・マッサージ・指圧はあん摩マッサージ指圧師が独占する業務であり、柔道整復師による「後療」の範囲を超えた手技施術は、「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師に関する法律」に基づく処罰の対象となります。

 

国家資格に関すること

Q.取得できる国家資格は何ですか?
A.本校、鍼灸マッサージ科では卒業時に、「あん摩マッサージ指圧師」「はり師」「きゅう師」の3つの国家試験
受験資格を取得することができます。

Q.あん摩マッサージ指圧師が取得できる専門学校は少ないと聞いたのですが?
A.現在、あん摩マッサージ指圧師を養成する大学はありません。専門学校としては全国で21校のみとなっています。

学校生活に関すること

Q.1日の授業時間はどうなっていますか?
A.時間割は、鍼灸マッサージ科(昼間部)が1時限(9:10)に始まり、4限(16:10)までとなっています。
但し、曜日によっては3限(14:30)で終了する日もあり、毎日1限~4限まであるとも限りません。 
 また、学年によって時間割は変わってきますので9:10~16:10までは学校の授業があると思っていて下さい。
鍼灸科(夜間部)は18:00(1限)に始まり、21:10(2限)に終了です。
 また、授業は鍼灸マッサージ科は月曜~金曜、鍼灸科は月曜~土曜です。


Q.社会人から入学を考えていますが、社会人の方も多く在籍していますか?
A.本校では、高校新卒者が約半数、あとは社会人出身の方が半数です。年齢別グラフを見て頂くと、40代以上から学ぶために入学して下さる方も多数います。

アスレティックトレーナー(AT)専攻コースについて

Q.AT専攻コースだけを受講することは可能ですか?
A.申し訳ありません。AT専攻コースは鍼灸マッサージ科、鍼灸科の在校生でスポーツトレーナーを目指す人の
 ための附帯コースとして開講しています。従って、AT専攻コースのみを受講することはできません。

Q.アスレティックトレーナー専攻コースの受講料を教えてください。
A.ATコースは、鍼灸マッサージ科、鍼灸科と講義内容も講師も全く違うため、学科の納付金とは別に修了まで
 に90万円が必要になります。教科書、教材、実習先への交通等にかかる費用等は別途必要となりますのでご
 了承下さい。

Q.AT専攻コースを受講しても3年間で卒業できるのですか?
A.AT専攻コースを受講する方は、鍼灸マッサージ科、鍼灸科の修業期間3年間+1年の計4年間が必要となり
 ます。
 1年プラスしてAT専攻コースで学んでもらうのは「鍼灸、あん摩マッサージ指圧国家資格と、AT認定資格のた
 めの準備を同時にするのはかなりハードであるということ」「鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師の資格を取得後、
 もう1年ATコースを行う事で、現場でのケアなどが可能になるということ(学生時の無資格の時は選手等に触れ
 ることが難しい)」などが理由になっています。
 

入学資格と選考について

Q.入学をするのに年齢制限はありますか?
A.年齢による制限は一切ありません。 
本校では10代~40代、50代の学生さんが目標に向かって一所懸命学習しています。

Q.大学を卒業して社会人経験もあります。学士と社会人、どちらの区分で受験したらいいですか?
A.結論から言いますとどちらの区分でも資格があるので大丈夫です。ただ、社会人経験もあるのなら、社会人入試で受験された方が、
大学の卒業証明書などを取り寄せる必要がないので、書類準備の負担は軽減するかと思います。