第1回県境フォーラム講習会に参加してきました

今年から地域医療の一環として関わらせていただいている熱海ゆずクリニック院長岩井先からのお誘いがあり参加させていただきました。   
  伊豆周辺地域における地域医療、地域包括ケアについて皆で考えていこうという主旨で立ち上げられた勉強会です。ですから参加者には、医師、歯科医師、看護師、薬剤師、ケマネージャー、介護ヘルパー、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師等々、地域医療に関わる様々な職種の方たちがいます。
  講師は、静岡県立がんセンター緩和医療科の大阪巌先生。 静岡県立がんセンターでの緩和医療の実態と地域医療連携、緩和ケアの臨床研究についてお話してくださいました。患者様の多くは、自宅で最後を迎えたいという思いをもっている方が多いが、それを支える地域医療の基盤がまだ不十分である。今後、地域医療の連携を強化して患者様の望む医療を提供していきたいとのお話でした。 
  大阪先生の講演後には、集まった参加者が、個々の現場でどのような取り組みをしているのかディスカッションが行われました。 このディスカッションでは、薬だけではなく代替医療も含めて、在宅だからこそきめ細かい対応ができるはず。今後、この勉強会で患者様にとっていいことを地域医療に関わる人皆で勉強して共有していきたいという会の方向性を確認することができました。
 
  我々、あはき師も地域医療の中で何ができるのか?地域医療に関わる多種職の方たちと連携をとりながら模索していく必要があると感じました。
 
 総合臨床センター
太田一郎