県鍼灸師会東部地区会の研修会が本校にて開催されました!

15日、本校を会場に標記研修会が開催され、会員および学生など48人が参加しました。

この日のテーマは「キネシオテープの基礎と症例への応用」。
講師は東部地区会代表の鈴木光一郎先生(鈴木接骨鍼灸院院長)がつとめられました。
 
キネシオテープとはテーピングの一つ。関節などを固定するテーピング用のテープとは異なり伸縮性があるのが特徴で、筋の走行に沿ってテープを貼ることで、筋の動きを滑らかにし、ケガの予防や疲労回復などに効果があります。
 
参加した本校の学生たちも皆真剣に講師の話に耳を傾け、一所懸命演習に励んでいました。
今後さらに研鑽を積んで、将来の臨床の場で役立てて欲しいと思います。
 
鈴木先生をはじめ県鍼灸師会の先生方、ご指導ありがとうございました。