東京大学附属病院へ見学に行きました!






専任教員の水野です。
9月22日(金)に3年生の希望者が、東京大学附属病院リハビリテーション部の見学をさせていただきました。
 
当日は、粕谷先生に東大病院における鍼灸治療の実際について講義をしていただいた後、鍼灸の現場やリハビリテーション施設などを見学させていただきました。医療の最先端の病院で鍼灸がどのように取り入れられているか、鍼灸の可能性について知る良い機会であったと思います。
 
鍼灸の現場では、小糸先生より胸郭出口症候群の治療について実技を交えながら説明、体験させていただきました。診察、治療、評価など臨床に必要なことを丁寧に説明していただいたことで、今後の勉強、臨床に対する意識が変わることを期待しています。
 
最後に、ご対応していただいた粕谷先生や小糸先生、スタッフの皆さん、まことにありがとうございました。