ゴーセンカップ牧之原国際レディースオープンテニストーナメント2019

総合臨床センターの太田です。

 10月7日(月)から開催されている、「ゴーセンカップ牧之原国際レディースオープンテニストーナメント」に今年も参加してきました。
 この大会は、毎年静岡県牧之原市で行われているテニスの国際大会です。世界ランキング250~800位くらいの選手が出場しています。私は、オフィシャルトレーナーとして参加させて頂いておりましたが、今年は東海医療学園専門学校の後輩にあたる下島野 龍先生にメイントレーナーとして常駐して頂きました。下島野先生はATコース1期生で日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナーの資格を取得しています。
 オフィシャルトレーナーの主な仕事は、選手が試合中にケガや体調不良のためトレーナーを要請した際の応急処置です。現在、日本人テニスプレイヤーとして活躍する錦織圭選手や大坂なおみ選手の活躍でテレビでもテニスの大会を見かけることが増えてきたと思います。彼らの試合を見ていても、試合中にトレーナーを要請している場面を見かけることがあります。選手からの要請を受けてテニスコートに向かうときはいつもハラハラ、ドキドキします。その他、選手からの様々な要望(肩が痛い、腰が痛い、足が痛い、腹筋が痛い、頭が痛い等)に対応しています。
 
大会は10月13日(日)まで行われております。テニスの国際大会を生で見たい方は、是非会場に足を運んでください。


大会レポートはこちらから
www2.tokai.or.jp/takase.tennis.p/gosencup19.htm


会場の静波リゾート・スウィングビーチは静波海岸沿いにある素敵なホテルです。


メインコート 試合前の練習風景


トレーナーブース


下島野先生 選手対応中


下島野先生 テーピング対応中