本校を会場にセミナー「関節運動から考える評価とアプローチ」を開催

 本校の卒業生である勝俣辰伴さん(H20年度卒)が主催する「刹那塾 ~鍼灸師のための動画配信サイト~」
のセミナーが本校を会場に開催されました。
 今回は講師に宮澤俊介先生(理学療法士 M's PT Conditioning 代表)をお招きし、「関節運動から考える評価と
アプローチ ~サッカー選手に特化した診方~」をテーマに行いました。


講義内容は
●触診
・膝に関して(腸脛靭帯、鵞足形成筋、膝蓋下脂肪帯、ハムストリングスと広筋筋など)
・足関節に対して(内・外反果後方を通過する筋群、足関節の主要靭帯など)
●整形外科的特殊テスト
・膝に関して(基本的な内・外反ストレステスト、前方引き出しや後方引き出しテスト、ラックスマンテスト)
・足関節に関して(前方引き出しやTalarストレステストなど)
●機能評価から考えるテーピング
などを大半を実技中心に行われました。





本校卒業生(特にアスレティックトレーナーコース卒)も数名受講に参加しており、鍼灸マッサージ師として、
トレーナー業務も継続して行っている、というお話も聞くことができました。
卒後研修を卒業生が主体となり行っているのは、母校としては大変嬉しいです。今後も、セミナー開催会場と
して校舎を使用して頂くことは歓迎しますので、他の校友の皆様も是非お問合せ下さい。