東海医療学園を知ろう

学校長より

                          
 中国伝統医学の原典である「黄帝内経素問」に、「聖人は已病(いびょう)を治せず未病を治す」と記されています。
つまり、既に病気になってしまってからではなく、病気が形成される前の段階で治療することが大切であるとして、予防医学の重要性を説いています。

 今、わが国をはじめ世界各国では超高齢社会を迎えるにあたり、病気を予防し、いつまでも明るく楽しい人生を送るための健康づくりが大変重要なテーマとなっています。鍼灸、あん摩マッサージ指圧などのいわゆる東洋療法は、「治未病」を基本理念として、これまで多くの人々の健康の保持増進、疾病の予防および治療に大きく貢献してきました。
 
 現在ではスポーツ医学の分野や美容を含めた女性のウェルエージング、介護予防の領域などにおいて、ますます大きな期待が寄せられています。本校は、こうした社会のニーズに応えるため、1957年創立以来、60年間一貫して質の高い東洋療法の専門職育成に力を注いでまいりました。
 これからも、その歴史と伝統を礎に“人間力”の向上を目指した教育に取り組んでまいります。
“将来は人の役に立つ人間になりたい”―私達は、そんな夢を抱く人達を応援します。
    
                     
                          
                          学校長 杉山 誠一


                           (公社)静岡県職業教育振興会 会長
                           (公社)東洋療法学校協会 監事
                            NPO法人 熱海市体育協会会長

東海医療学園の歴史

 東海医療学園の前身は「豆相マッサージ学校」。昭和32(1957)年に、熱海、伊東などの伊豆周辺
のマッサージ師の組合有志により「マッサージを資格を有する職業として確立する」ことを目的に、
あん摩マッサージ指圧師養成校として開校しました。




これまで都道府県知事免許だった「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師」が国家資格になることに伴い、平成2(1990)年に「はり師、きゅう師課程」を追加し鍼灸マッサージ科となりました。
 
 
   
 
 
 平成19(2007)年には日本体育協会(現:日本スポーツ協会)から公認を得て、附帯教育として、
アスレティックトレーナー専攻コースを開講、スポーツトレーナーの育成にも力を入れています。
 また、平成25(2013)年には第2号館の新校舎が完成。優れた臨床家を育てるための施設も充実
させています。






 
 昭和32年(1956)  豆相マッサージ学校として開校
 昭和33年(1957)  厚生省(現・厚生労働省)より認可
 昭和37年(1962)  静岡県知事より各種学校認可
 昭和45年(1970)  校舎増築完成
 平成2年(1990)  教育課程を「あん摩マッサージ指圧科」から「鍼灸マッサージ科」に変更
 同時に校名も「豆相鍼灸マッサージ学校」に変更
 平成4年(1992)  新校舎建設、完成
 平成7年(1995)  専修学校認可
 平成8年(1996)  校名を「東海医療学園専門学校」に変更
   平成13年(2001)   鍼灸科(夜間部)開設
 校舎増築完成
 平成19年(2007)  (公財)日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー専攻コース開講
 創立50周年を迎える
 平成25年(2013)  第2号館完成
 職業実践専門課程に認定
 平成29年(2017)  創立60周年式典開催