コロナ禍における鍼灸マッサージ

新型コロナウイルスの感染拡大による医療崩壊が懸念される中、患者の需要が増えているという鍼灸院があります。

「病院に行って感染するのが怖い」というのがその理由だそうですが、私たち鍼灸マッサージに関わる者としては少し複雑な気持ちです。

ともあれ、鍼灸やマッサージが医療崩壊を防ぐ一助として貢献できるという前向きな考え方が大切であると思います。

医療の最前線で日々奮闘する医療従事者の皆様に敬意を表しつつ、
地域医療の一翼を担う鍼灸マッサージ師の教育に今後も努めていきたいと思います。