アスレティックトレーナー(AT)について

(公財)日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(AT)について

  現在、日本国内にはスポーツトレーナーという国家資格はありません。そんな中でも、公益財団法人日本スポーツ協会が認定しているアスレティックトレーナー資格は、国内では最もスポーツトレーナーとして高いレベルを有する認定資格でしょう。
 本校では、鍼灸マッサージ科在校生を対象とした附帯教育として、(公財)日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー(AT)専攻コースが開講。 (公財)日本スポーツ協会で実施しているスポーツ指導者養成講習会と同様のカリキュラムを本校内で履修することができ、講習の受講が免除されます。


(公財)日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナーとは?

   (公財)日本スポーツ協会がスポーツ指導者養成事業の一環として実施しているもので、スポーツドクター及びコーチとの緊密な関係をもとに、競技者の健康管理、障害予防、スポーツ外傷・障害の応急処置、アスレティックリハビリテーション及び、体力トレーニング、コンディショニング等にあたる能力があると認定された人をいい、次のような能力が求められています。

・機能解剖、運動学的な知識
・スポーツ外傷の応急処置に関する知識と技能
・スポーツ傷害の予防対策に関する知識と技能
・競技のスポーツ現場復帰への援助に関する知識
と技能

など

 

なぜ、鍼灸・あん摩マッサージ指圧+アスレティックトレーナーなのか?

   現在、医療国家資格を取得しスポーツトレーナーとして活動する人が数多くいます。
それは、スポーツ選手やスポーツ愛好家をサポートするのには、『スポーツ傷害に対しての知識・治療』だけでは十分ではないからです。『予防』や『コンディショニング』、『身体機能の強化』、『競技力向上』についての知識や技術も必要です。
また、

  ・スポーツトレーナーとしての知識・技術の幅が広がる。

・選手、監督、コーチ等からの信頼感が違う。

・スポーツ分野と医療分野の仕事が可能。

・治療家としての幅が広がる。
  (一般患者からスポーツ障害まで対応)

・運動療法との併用ができる(健康体力つくり)。

なども可能になります。


東海医療学園のアスレティックトレーナー専攻コースでは、あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師の資格を活か
し、アスレティックトレーナーの活動、役割を学習・研究・実践して、アスレティックトレーナーの資格取
得を目指すことを最大の目的としています。

公認ATを取得することで広がる、スポーツ現場での活躍の場

 プロ・アマチュアを問わず、スポーツトレーナーを目指す人には、選手とのコミュニケーション力や信頼、
更には監督・コーチ、スポーツドクター、教員などからも信頼を得るために必須の資格といって良いでしょう。

 
●日本代表チームや国民体育大会に帯同するトレーナーは、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナー
 が基準となっています。


 ●鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師としてスポーツに関わる場合、よりハイレベルなサポートが可能で
 す。 また、高齢者の介護予防や運動指導など活動の場も広がります。



どのようなことを学ぶのですか?

日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナーの資格資格取得のためのカリキュラムには、
医科学的な知識や技術を求められる科目、実習が多くなってきています

 共通科目(ⅠⅡⅢ)
 文化としてのスポーツ  社会の中のスポーツ
 指導者の役割  スポーツと心理
 トレーニング論  スポーツ組織の運営と事業
 スポーツ指導者に必要な医学的知識  対象にあわせたスポーツ指導
 スポーツと栄養  アスリートの栄養と食事
 ジュニア期のスポーツ  身体のしくみと働き
 指導計画と安全管理  競技者育成のための指導法
 地域におけるスポーツ振興  

 専門科目
 アスレティックトレーナーの役割  予防とコンディショニング
 スポーツ科学  アスレティックリハビリテーション
 運動器の解剖と機能  救急処置
 スポーツ外傷・障害の基礎知識  スポーツと食事
 健康管理とスポーツ医学  
 検査・測定と評価  現場実習