カリキュラム

カリキュラム


●授業時間について
鍼灸マッサージ科(月曜日~金曜日)

時 限 時     間
 1限    9:10~10:40
 2限  10:50~12:20
 昼休憩  12:20~13:00
 3限  13:00~14:30
 4限  14:40~16:10

授業科目と単位数

●鍼灸マッサージ科     

  教育内容 授業科目 1年生 2年生 3年生 備 考
単位 時間 単位 時間 単位 時間
基礎分野 科学的思考の基盤
人間と生活
 社会福祉概論 2 30          
 生命科学Ⅰ 2 30          
 生命科学Ⅱ 2 30          
 栄養学 2 30          
 心理学概論 2 30          
 人間関係学 2 30         コミュニケーション論含む
 健康増進学         2 30  










人体の構造と機能  人体の構造と機能Ⅰ 3 90          
 人体の構造と機能Ⅱ 3 90          
 人体の構造と機能Ⅲ     1 30      
 人体の構造と機能Ⅳ 2 60          
 人体の構造と機能Ⅴ     3 90      
疾病の成り立ちと
その予防及び回復
の促進

 
 病理学概論     2 60      
 臨床医学総論     2 60      
 臨床医学各論Ⅰ     2 60      
 臨床医学各論Ⅱ     2 60      
 臨床医学各論Ⅲ         2 60  
 リハビリテーション医学         2 60 運動学含む
保健医療福祉と
あはき理念
 医療概論         2 45  
 衛生学・公衆衛生学 2 60          









基礎あマ指学
基礎はり学
基礎きゅう学
 東洋医学概論Ⅰ 2 60          
 東洋医学概論Ⅱ     2 60      
 経絡経穴概論 2 60          
 あん摩マッサージ指圧理論         1 30  
 鍼灸理論         2 60  
臨床あマ指学
臨床はり学
臨床きゅう学
 診察学Ⅰ(現代医学的)     2 60      
 診察学Ⅱ(東洋医学的)         2 60  
 触察演習 1 30          
 東洋医学臨床論Ⅰ         2 60  
 東洋医学臨床論Ⅱ         2 60  
 臨床病態学         1 30  
 運動機能評価     1 30      
 臨床推論         2 45  
 臨床経穴学     2 60      
社会あはき学  地域保健医療論         2 60  
実習  あん摩基礎実習 2 60          
 マッサージ基礎実習 2 60          
 指圧基礎実習 1 30          
 鍼灸基礎実習Ⅰ 2 60          
 鍼灸基礎実習Ⅱ 2 60          
 あん摩応用実習Ⅰ     2 60      
 マッサージ応用実習Ⅱ     2 60      
 指圧応用実習     2 60      
 鍼灸応用実習Ⅰ     2 60      
 鍼灸応用実習Ⅱ     2 60      
臨床実習  臨床実習 1 45 1 45 2 90  
総合領域   医療面接     1 30      
 鍼灸応用実習Ⅲ         2 60  
 スポーツ鍼灸臨床論         2 60  
 女性小児の東洋療法         1 30  
 総合学習Ⅰ         2 60  
 総合学習Ⅱ         2 60  
  合計 101単位 2,850時間 37 945 31 945 33 960  

   
                     

 maru maru   maru

教科概要

 各講義における、学習の概要を紹介します。各科目の年間の詳細な学習内容は入学後、
シラバスを各学年ごとに配布します。


授業科目 教科概要
 基 礎 分 野
 社会福祉概論  現代社会における社会福祉の理念と意義について学ぶ。
 生命科学Ⅰ、Ⅱ  生物についての基本的な構造や機能について学ぶ。
 心理学概論  心理学に関する基本的な知識を習得する。また、実践方法を理解することで現場で心理学のテクニックを応用する力を身につける。
 人間関係学    自分の人間関係のあり方を見直し、新たな人間関係のあり方を考える。また学習を重ねることで、主体性を発揮しつつ周囲と強調していく力を養う。
 栄養学   身体を健康に保つための食物の供給と、肉体的、精神的並びに社会的健康の維持の重要性を学ぶ。
 健康増進学  健康づくりの基本と生活習慣、スポーツの関わりについて学ぶ。
専門基礎分野
 人体の構造と機能Ⅰ~Ⅴ  あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師として、患者の診察および治療にあたって 必要な人間の身体の構造と機能について学ぶ。
 病理学概論  臨床を行う上で必要な病態生理学に関する基礎知識として、疾病の原因、成り立ち、経過、転帰に対する形態的および機能的変化について学ぶ。
 臨床医学総論  診察法、検査法に関する医学的知識の習得を目標とする。
 臨床医学各論Ⅰ~Ⅲ  各疾患の概要を学習し、施術の適否の鑑別や病態説明ができる能力を身につける。
 リハビリテーション医学  理学療法に関する基本的な知識と技術を習得させ、理学療法の本質と社会的な意義を理解するとともに、チーム医療の重要性を理解し、リハビリテーションに寄与する能力と態度を習得する。
 医療概論  日本における医療制度の概要、ならびに医療倫理について学ぶ。
 衛生学・公衆衛生学  健康に影響を及ぼす諸因子を踏まえ、疾病予防、健康増進の知識について学ぶ。
 専 門 分 野
 東洋医学概論ⅠⅡ  東洋の自然哲学、東洋医学における人体の構造と機能の考え方、病理観などの基本的知識を理解し、病気の予防、診察、治療において適切な対応ができるように東洋医学的診断法、治療原則、治療方法について学ぶ。 
 経絡経穴概論  東洋医学の基本概念の一つである経絡経穴について概要・意義を理解し、正経十二経脈・督脈・任脈の流注および経穴の名称・部位・解剖学的特性について理解する。
 あん摩マッサージ指圧理論  あん摩マッサージ指圧の意義、臨床応用、リスク、治効理論等について学ぶ。
 鍼灸理論  鍼灸施術の意義および治療効果について理解し、鍼灸施術を効果的に行なう能力と態度を身につける。
 診察学Ⅰ(現代医学的)  施術者として臨床にあたる上で必要な現代医学の診察法である整形外科的検査、神経学的検査の診察過程の意義を十分理解し、その基本的知識および技術を習得する。
 診察学Ⅱ(東洋医学的)  東洋の自然哲学、病理観などの基本的知識を理解し、病気の予防、診察、治療での適切な対応ができるように、東洋医学的診断法、治療原則、治療方法について学ぶ。
 触察演習  体表解剖、身体計測・取穴の基本となる体表のランドマークを観察及び触察の演習を行う。
 東洋医学臨床論Ⅰ、Ⅱ  臨床で遭遇すると思われる主な症候に対し、現代医学的な考え方に基づいて適切な診察・施術ができるための知識を習得する。
 臨床病態論  様々な症状における病態生理学的知識や、診察法などの知識を身につけることを目的とする。
 運動機能評価  臨床に必要な身体計測、関節可動域、徒手筋力検査法などについて学ぶ。
 臨床推論  様々な症例から、臨床判断に至るまでのプロセスを学ぶことを目的とする。
 臨床経穴学  奇穴の名称・部位・主治を理解する。経絡・経穴の現代的研究について理解する。選穴法・配穴法の原則を理解する。経絡の構成、経絡の病理、奇経八脈の概要と病証について理解する。
 地域保健医療論  往療における鍼灸マッサージおよび介護予防について、また多職種連携、施術所の開設・広告の制限などについて学ぶ。
 あん摩・マッサージ・指圧
 基礎実習
 あん摩術、マッサージ術、指圧術の基礎的な技術と知識を学ぶ。
 鍼灸基礎実習ⅠⅡ  鍼灸施術に関する基本的な技術と知識を習得し、安全かつ確実な施術を行なうことができる能力を身につける。施術者としての品位、道具の扱い、衛生管理について身につける。
 あん摩・マッサージ・指圧
 応用実習
 あん摩術、マッサージ術、指圧術の応用技術を習得する。
 鍼灸応用実習ⅠⅡⅢ  鍼灸臨床において必要な知識、技術を身につけるとともに、施術の方向性、手順の構築、術者の動線、全体のバランスを考えた施術ができる能力を身につける。
 臨床実習  一般患者と接する機会及び医療施設、介護施設などの見学を通じ、施術者としての態度やコミュニケーション、臨床能力を身につける。
 医療面接  良好な患者医療者関係を構築するために必要な医療面接を行うことができる能力を習得する。
 スポーツ鍼灸臨床論  スポーツ分野の鍼灸施術において必要な知識、技術を習得し、適切な施術を行なうことができる能力を身につける。
 女性小児の東洋療法  女性や小児に対する東洋療法で必要な知識、技術を習得し、適切な施術を行う能力を身につける。
 総合学習ⅠⅡ  患者の問題に対して習得した知識を統合、活用して問題の発見、解決に至る能力を養う。また、あはき史、リスク管理等についても学ぶ。